04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blossom Dearie・・・永遠に 

米の女性ジャズ・シンガー/ピアニスト、BLOSSOM DEARIEが死去 - bounce.com [ニュース]

Blossom Dearie

ずっと大好きで、私の理想の女性の1人だったブロッサム・ディアリーさんが今年2月7日に亡くなっていたことを最近になって知りました。
享年82歳。亡くなる数年前までライヴ活動をされていて、CDも発売されていました。お年を召してもいつまでも可愛らしく、自分なりの表現活動を続けていた生き方にとても憧れていた私。
とても残念です・・・。

彼女を初めて知ったのは、1995年「ボサ・ノーヴァ物語●放浪篇」(現在は廃盤)というコンピレーション・アルバム。
そこに収録されていた「Quiet Night(Corcovado)」が本当に素敵で(*^^*)。その歌声を聴いて一目惚れならぬ一耳惚れして、彼女のオリジナルアルパムを買いにCDショップへ走ったことを今でもよく覚えています。
その後もいろいろ情報を集め、たくさん発売されている彼女のCDを1枚1枚集め、憧れを募らせていきました。
国内で手に入るCDには限界があり、英語が全然ダメなのにも関わらず、辞書を片手にオフィシャルサイトのメールアドレスに問い合わせて、CDを購入したことも(笑)。

数年前までライヴ活動をされていたこともあり、「いつかライヴを聴きに行きたいなぁ」なんて思ってもいましたが、忙しい毎日に流されてそのままに・・・。もう叶わぬ夢となってしまいました。
最近は子育てに追われてゆっくり音楽を聴くことも減っていましたが、集めたCDを1枚1枚聴き直しながら、彼女の存在を偲びたいと思います。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

Blossom Dearie オフィシャルサイト : http://www.blossomdearie.com/

Blossom Dearie




ブロッサム・ディアリー・フォー・カフェ・アプレミディブロッサム・ディアリー・フォー・カフェ・アプレミディ
(2003/03/26)
ブロッサム・ディアリー
商品詳細を見る
日本で編集されたコンピレーション盤。聴きやすくまとめられているので入門編にオススメです(^^)。ベスト盤的な選曲で、私はすでに持っている曲ばかりだったのですが、初CD化の「Meditation」,「Dindi」が入っているので、この2曲のためだけに購入しても価値ありです♪


シングス:ブロッサムズ・オウン・トレジャーズシングス:ブロッサムズ・オウン・トレジャーズ
(2004/02/06)
ブロッサム・ディアリー
商品詳細を見る
ブロッサム・ディアリーの自主レーベル「DAFFODIL RECORDS」から過去発売されたアルバムから彼女自身が書いた曲を集めたベストアルバム。彼女のソングライターとしての魅力を堪能できる宝物のような1枚です。


レコード・コレクターズ 2009年 06月号 [雑誌]レコード・コレクターズ 2009年 06月号 [雑誌]
(2009/05/15)
不明
商品詳細を見る
Blossom Dearieの追悼特集が載っています。
彼女の生まれから晩年までについてまとめられた文章や、未収録音源やセッション参加作品までを網羅したディスコグラフィーが貴重です(文=高田敬三さん)。ありがとう。
スポンサーサイト
音楽 |  TB:0  |  CM:0  | 記事編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。